合格.jpg

​合格者の言葉

>

>

龍谷大学 文学部

龍谷大学 文学部

2020年度

A・Mさん

中央中等教育学校

私は正直、受験生の間は1つも大学に合格できないのではないかという不安がとてもありました。なので、進路が決まって今はとてもほっとしています。私はとても不器用で、自分にあった勉強の仕方を見つけたり、計画通りに行動することが最後までできませんでした。また、苦手な英語などの点数があまり伸びず、自信を持つことができませんでした。ですが、高速マスターを受験当日まで毎日続け、東進にも毎日通い続けたことで、本番では少しでも力を発揮できたのだと感じます。継続することは本当に大切だと思います。私は第一志望の大学に合格することはできませんでした。しかし、自分なりに努力して出た結果だと思うので、後悔は全くしていないです。継続することが苦手な自分が1年間もたえられたのは本当に奇跡に近いです。受験を通して大学び合格すること以上に大事なことをも学ぶことができた気がします。