​幼児教室合格者の言葉

群大附属小学校 合格

2021年度

H・Fちゃん

今こうして合格体験記を書いていることをとても嬉しく思っています。
前橋ゼミには年長クラスが開講した年中2月から1年間通いました。
附属小学校の受験は親が決めて入塾したので最初はなんで通っているのかよくわからないまま授業に参加していました。椅子に良い姿勢で座っていることもできず、いつもキョロキョロよそ見をしてばかりで不安を覚えましたがプリントをやったりパズルをやるのは楽しかったようです。

熱心に田下先生はじめ諸先生方が指導してくださったおかげでゆっくりですが授業中や待ち時間にきちんと待つことが少しずつ増えてきました。
前橋ゼミではペーパーと体操を別の教室で行うため教室の移動もきちんと指導していただけます。家ではふざけてしまって、きちんと並んで前の子について歩くことの大切さは周りのお友達や先生の指導のおかげで身についたように思えます。

そのようにしつけ麺で特に不安があったため、コロナによる緊急事態宣言により4月から5月にオンライン授業に切り替わったときは不安を感じましたがその頃には画面を通してでも先生の指示に従い面接練習なども真面目に取り組めるようになってきました。

面接も繰り返し授業で練習することで無理なく対策できたと思い感謝しています。
夏期講習が終わり9月に入ると前ゼミに行きたくないという日が増え、このまま続けさせるべきなのか悩んだ時もありましたが田下先生が車まで説得にきてくださって話をしてくださり、暖かく見守っていただけたおかげでだんだんと娘も受験するということを自覚して、やる気もでてきました。

ただ、公開模擬試験ではいつも合格点には遠く及ばず、特に態度面で指摘されることが多く点数がのびずに悩みましたが、5回の模試を繰り返し受けることで徐々に点数がのび態度面も安定してきました。
最初5回も模試を受けるこ必要があるのかと思っていましたがくり返し受けることで試験の雰囲気にも慣れ落ち着いて試験を受けられるになり結果に結びついてきたのかなと思います。

附属小学校について右も左も分からないまま入塾しましたが、授業や模試で附属小の傾向に合わせた問題を出していただけるのでそこで何をやるべきかの道筋をつけていただけ、授業と模試の復習と苦手分野の問題を市販のワークで行うことでしっかりと力をつけることができました。繰り返し問題や指示行動の練習を行い、冬期講習や直前講習ではようやく面接や態度面でも高評価をいただけるようになり安心して試験に臨めました。
もちろん家でやる気の出ないときも多々ありましたが授業で出来るようになりたいと頑張ることができたと思います。

試験当日は本人も緊張したようですが試験が終わり、「楽しかった!おしけん簡単だった」と笑顔で戻ってきた娘を見て安堵しました。
試験内容も本人の得意なものが多かったライクよく覚えていて帰り道楽しそうにこんなことをしたよと話をしてくれました。

最後になりますが冨田先生、田下先生、葉月先生はじめ諸先生方本当にありがとうございました。最後まで先生たちを信じ、受験対策を行ったことが合格に結びついたのかなと思います。また2歳下の弟の受験の際は入塾させていただきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

群大附属小学校 合格

2021年度

I・Zくん

今回初めて子どもの受験を経験しましたが、前ゼミに通塾をしていたこともあって、当日は特段心配することもなく送り出すことが出来ました。結果、合格することが出来、田下先生をはじめ先生方のおかげと感謝申し上げます。
子どもの通塾にあたっては、当初、特に態度面について受験に必要なことを身に着けてもらいたいと思いました。そのため、「お勉強はできなくても良いから最後までしっかりと先生のお話を聞いて」と言い聞かせておりました。しかし、子どもは「前ゼミのお勉強は楽しい」と毎回授業を楽しみに通塾し、宿題ノートに可愛いシールを貼っていただけることも楽しみの一つだったようです。
また、親も心配なことは先生にご相談させたいただき、その都度真摯にご対応くださったことが大変心強かったです。特に、模試の結果が安定せず不安になった時期には、「〇〇のことはまったく心配しておりません」と励ましをいただき、このまま継続していけば良いのか、迷うことなく最後まで臨むことができました。
今回もし残念な結果になっていたとしても、時に厳しさのある前ゼミでの授業は小学校入学の準備をするという意味でも大変貴重な経験になっていたかと思いました。
ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2021年度

S・Fくん

塾長をはじめ、諸先生方、大変お世話になりました。コロナ禍での授業を続けて頂けたことに感謝いたします。
授業中の正しい姿勢を保つこと、横のお子さんを見ないことなどしつけ等に関わることまでいつもご指導頂けたことが本人も当日しっかり身についていてよかった点だと考えます。また、模擬試験を経て長時間に渡るお試験を経験でき、本番も実際は「前ゼミの問題より簡単だった!」と落ち着いたなか望むことが出来たようです。
緊張感漂うお試験でも、今まで通りやれば大丈夫!前ゼミで今まで頑張ったんだから大丈夫!といつもどおりに本人らしくお試験を楽しんだようでした。

群大附属小学校 合格

2021年度

N・Oちゃん

6月より前ゼミにお世話になりました。後度もの通学圏の小学校は自宅からかなり距離がありました。「体格の小さい娘には通学だけでも疲れていまし。学校生活をきちんと送ることができないのでは・・」と不安に思い、バスで通える附属小を受験しようと思いました。
娘は未熟児で生まれたために元気でいきていくのが目標で、なかなかしつけやお勉強をさせるまでに至りませんでした。なので、前ゼミに通いだしたときは、「この子はここでやっていけるのだろうか、皆についていけるのだろうか。」と悩みました。月日が経ち試験直前の12月になっても娘はクラスでもビリを争うくらいで、親としてはみてられず、娘に何度も「お試験をやめよう。前ゼミを辞めよう。」と話しました。ですが、娘は頑なに「前ゼミをやめたくない。お試験も受けたい。」と言い張りました。
それはひとえに前ゼミの先生方の厳しさの中に温かさのある指導があったからではないかと感じています。
出来の良いとは言えない娘でしたが、どんな時も授業を終えると「楽しかった。」と話し、たまに花丸をもらうとスキップしてしまうほど喜んでいました。
最後まで出来の良くなかった娘ですが、そんな娘に対しても諦めず、熱心な指導をしていただいた結果、今回の合格があったと思っています。
また、親への指導も疑問を投げかけると親切丁寧に対応していただき感謝しております。
ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2021年度

M・Kちゃん

附属小学校受験を経験している知り合いから進められて入塾し、お世話になりました。今回コロナ対策としてZoomで授業を参観させていただきましたが、先生方のきめ細かく、大変熱心なご指導を目の当たりにし、知り合いが入塾を勧めた理由が本当によくわかりました。前ゼミに通うことを毎週楽しみにし、学習する過程で学ぶことや出来るようになる喜びを味わうことができたことも大変貴重な経験となりました。先生方には本当にお世話になり、感謝しております。ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2021年度

H・Nくん

前ゼミには、2020年2月から約1年間お世話になりました。入塾時は人見知りがあり、大きな声で話す、返事をするのが苦手で大丈夫か心配でしたが、4ヶ月くらいした頃、徐々に変わっていき、声も少しずつ大きくなりハキハキと答えられるようになりました。
授業では、勉強に対する姿勢や問題の解き方、しつけ面などきめ細やかなご指導をいただき、安心して通塾することができました。
前ゼミに入塾して本当に良かったと思います。
先生方にはとても感謝しております。
丁寧なご指導、本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2021年度

R・Tちゃん

前ゼミには2月からお世話になりました。
今年は新型コロナウイルスの影響で通常とは異なるリモート形式での授業もあり、不安な受験環境でした。また夏頃になると我が子は赤ちゃん帰りとイヤイヤ期がちょうど重なり椅子に座っているどころか途中教室より飛び出し、「帰る」と泣きぐずって手に負えない時期もありました。なかなか成長が感じられない日々を過ごし、このまま通塾しても受験など到底できないだろう、他の方にも迷惑がかかってしまうのではないかと思い、今年の受験は諦めようかと何度も何度も考え、悩みました。
そんな中先生から「9月になれば変わります。「お母さんはどんと構えていてください。」と励ましていただいたおかげで試験まで頑張ることができました。
本番では、いつもと違う緊張感の中動じることなく堂々と受け答えをする我が子を見て、とても頼もしく誇らしく思います。
ここまでこれたのも、どんなに手がかかっても時間をかけて向き合ってくれた先生方、そして同じ目標に向かって一緒に頑張ってきた仲間の存在があったからです。本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2021年度

K・Sくん

入塾当初は2歳になったばかりで授業についていけるのか不安もありましたが、先生方はどんなに時間がかかっても最後まで向き合ってくださり、本人も毎回楽しんで通ってくれました。
試験直前は親子ともに不安な気持ちでいっぱいになってしまい、思わず塾長先生に相談させていただきました。「当日はちゃんとやるから大丈夫!」と励ましていただき、その言葉どおり本番では今までで一番大きな声で挨拶をし、試験も一生懸命取り組んでいました。
受験を通して我がことより深く向き合い、親子共に成長することができたのは合否関係なく貴重な経験であったと思っています。
前ゼミに通うことで今まで外遊びが多かった我が家も机に向かって何かに集中して取り組む習慣がつきました。また模擬試験では本番さながらで行うため、起こりうるであろう様々な場面を想定することができ、本番も落ち着いて臨めました。
10ヶ月間、たくさんのことを学ばせていただきました。冨田先生、佐々木先生、田下先生はじめ、ご指導くださいました先生方、どんなときも温かく真摯に向き合ってくださり本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2021年度

H・Kくん

8月から試験まで、大変お世話になりました。
人見知りのない息子は、「今日は前ゼミある?」と毎朝聞くほど授業を楽しみにしており、もっと早くから通わせてあげればよかったと後悔したくらいです。短い期間でしたが、親子共にたくさんの学びがあり、息子の成長を肌で感じることができました。試験当日は緊張することなもなく自信を持って臨むことができ、先生からの質問に「〜です」と堂々と答えられている息子の姿に胸が熱くなりました。無事に合格することができ、前橋ゼミを選んでよかったと心から実感しています。冨田先生をはじめ、ご指導くださいました先生方、本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2021年度

H・Sくん

2月から入塾し、約11ヶ月大変お世話になりました。
上の子の年少受験の時も2月スタートだったので、願掛けも込めて同時期に入塾させていただきました。
似たような性格の姉弟ですが、男女の差もあって落ち着きがなかったり、母親にべったりだったりで離れられなかったり。。。お昼寝の時間と重なってしまって、ぐずってしまう時も多々ありました。
しかし、どんな時でも優しく声かけをしてくれた先生方には感謝しております。11ヶ月間、子どもに対してどのように接するか、対応していくのか、親としても様々な経験と訓練をさせていただいたと思います。
3歳児の試験は親御さんの試験です。まさにその通りだと思います。通常授業、直前講習、模試とハードスケジュールではありますが、自分で答えられる力、親と離れる精神力、やる時はやるという気持ち、たくさんの学びが身につき、本番では、どんな問題であってもしっかり解答し、存分に力を発揮できたと思います。本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2021年度

A・Tちゃん

冨田先生、佐々木先生、田下先生、諸先生方へ
今回、念願の附属幼稚園に合格できたのもひとえに冨田先生、佐々木先生、田下先生始め、諸先生方のおかげと感謝申し上げます。思い起こせば、2月5日の開講よりお世話になりました。当初娘はまだ1才でなれない授業に戸惑いながら、附属幼稚園に合格するのを夢見て通っていたのを覚えています。5月に入り、緊急事態宣言に伴いオンライン授業が開始されました。6月はさみの練習を自宅ではじめましたがにぎれず、2本目をネットの口コミで購入したのを覚えています。7月、自己紹介がまだ言えない娘。8月、先生にふざけた態度を取り自己紹介は「へび、へび」を連呼してしまうことに焦りを感じました。9月、男女別クラス分け。1時間の授業中ずっと泣いている娘に私が泣きたい気持ちになりました。10月、全く教室に入ることができなくなってしまいました。何回も誘うが、玄関を行ったり来たりし、前ゼミの子に助けてもらいながらなんとか教室まで入ることができました。そして運命の分かれ道の10月14日、玄関に行くこともできなくなってしまいました。「終わった。。。」と感じました。前ゼミに通うために前々からいろいろなことを準備し、試験日に合わせて取り組んできました。が「もう諦めよう」と今までのことが走馬灯のように蘇りました。玄関にいる先生に挨拶し、帰ろうとした時、佐々木先生が駐車場まで走ってきてくださいました。娘をなだめ、説得し30分もの長い間娘に向きあってくださいました。これを機にようやく教室にはいることができました。しかしつかの間10、11月の模試、直前講習も見るに値しない結果に。2時間泣いている時もありました。30分で終わる模試も時間が許す限り、最後まで娘につきあってくださいました。できるまで何回も指導してくださいました。願書の書き直しはもちろん、娘の不安な気持ちに寄り添い何度も具体的なアドバイスを頂きました。佐々木先生の「いつもの〇〇ちゃんなら大丈夫」冨田先生の「試験楽しんで」というお手紙には心がとても軽くなりました。かわいいプーさんの手紙、何度も見て心を落ち着かせました。今回の試験を終えて娘の成長だけではなく、親の私もわずかですが、一緒に成長できたかなと感じています。
自分一人ではなくたくさんの先生方に支えられて、合格できたこと、人のありがたさや日々の感謝の気持ちを忘れずに娘には成長してもらいたいです。
そして、困っている人を助けてあげられる様な社会に役立てる、貢献できる人材に成長してもらいたいです。たくさん声をかけていただいたことを忘れることなく、いろいろな方からいただいた恩をどなたかに返してあげられる様な心の大きい娘に成長できるように導きたいです。
長文になりましたが、1年間お世話になり、ありがとうございました。ご縁をいただいたこと感謝申し上げます。皆様のご健勝とご多幸をお祈りし、お礼の挨拶とさせていただきます。

群大附属幼稚園(年少)合格

2021年度

S・Tくん

コロナ禍での授業は大変でしたが、先生方の徹底的な環境づくりのおかげで、最後まで安心して授業を受けさせることができました。入塾したばかりのころは子どもも新鮮な気持ちで取り組めていましたが、少し時間が経つと慣れが出てきて甘えたり、ぐずったりすることも増えてきました。それでも先生方は子どもにきちんと向き合ってくださり、きつくしかるどころか、子どもの気持ちが落ち着くまで待ったり、やる気が出るところまで、ずっと背中を押し続けてくれました。できたときにはすごく褒められて見守っていることしかできない私にとっても大変励みとなり、子どもだけでなく親自信も成長することができたと確信しております。一緒に学ぶことができたクラスメイトも良き仲間となり、前ゼミへ通っていて本当に良かったと思います。本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年中)合格

2021年度

M・Sちゃん

娘は前ゼミの授業が好きなようで、通塾を嫌がったことは一度もなく、家でも前ゼミで使う道具をテーブルに広げては「お勉強する?」と親をしばしばさそうようになっていました。

本試験では。模試や直前講習を重ねて場慣れしたのか、特段緊張する様子もなく臨めたようでした。ただ、親子の指示行動の最後の方で集中力が切れ、一人違うことをして親としてはひやひやしましたが、無事合格することができ、今はただただほっとしています。

マイペースな娘をいつもあたたかく見守り、ご指導いただき、合格まで導いていただきました先生方に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年中)合格

2021年度

K・Aくん

あらゆる方向から幅広く受験対策が講じられていて本人だけでなく保護者の心の準備もでき、入園後の園への提出書類も悩むことなく記入でき、とても良くできたカリキュラムだと思います。

群大附属幼稚園(年少)合格

2020年度

K・Tくん

年少受験を終えた今、入塾した当初に言われた「年少のお受験は、お母様(親)のお受験です」という言葉を思い出します。 時々授業中に自制が効かなくなる我が子を見て落ち込むときがありましたが、子どもを支えるために自らを鼓舞し、落ち込んだ顔を笑顔にしたことは今となっては良い思い出です。また、入試直前に不安から焦りのような感情を抑えきれずにいた際「子どもを信じる」という言葉を頂きました。その言葉で最後まで乗り切れたように思います。 そして今改めて考えると「年少受験はお母様(親)のお受験」の意味とは、”親と子の関わりを大切にして、子どもを導くための良い機会”と考えます。子どもを導くためには、本人のやる気やモチベーションの維持、体調管理だけではなく親子の関係をどのように作り上げるかという事も含まれると考えます。親と子の関係を作るために親ができることは、子どもの幼さをフォローすること、子どもの言動を感受し理解していくこと、否定をせず修正していくことなど書ききれませんが、親と子との関わりを大切にして、子どもを導くことが合格につながったと思っています。そしてなにより、この親子関係、導き方を模索し築き上げで行く過程において、前ゼミの存在は大きかったと改めて感じています。 大変お世話になりました。ありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2020年度

C・Kちゃん

前ゼミには、2019年2月からお世話になりました。入塾時はまだ2歳で、不安もありましたが、冨田先生をはじめ佐々木先生、田下先生など多くの先生方から時には厳しくも温かいご指導のおかげで合格できました。 娘はもちろんですが、保護者である私自身もこの10ヶ月で成長させていただいたと思っております。模擬試験や直前講習での先生方の熱い指導に大変感謝しています。本当にありがとうございました。これから頑張ります!

群大附属幼稚園(年少)合格

2020年度

Y・Mちゃん

4月から試験まで大変お世話になりました。娘は言葉の発達は早かったもののとにかく落ち着きがなく席に座っていることができず授業中も教室内を移動してしまい毎回の授業で大変ご迷惑をおかけしました。夏頃になっても座っていられないことに悩み他の友達の迷惑になると思い塾をやめようと考えたこともありました。相談したときは田下先生や佐々木先生にあたたかい言葉をかけていただきもう少し頑張ってみようという気持ちになり試験まで親子で頑張ることができました。 試験の日はいつもとちがう雰囲気に緊張してしまったのか、思うように力を発揮することができませんでした。しかし、直前講習や模擬試験で何度も練習をしたことは娘にとって大きな学びとなり少しずつですが座っていられる時間もでき成長した姿を見ることが出来ました。そして合格することが出来、今は嬉しい気持ちと諦めずに頑張ってよかったという気持ちです。 毎回楽しい授業と娘を暖かく見守っていただき本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2020年度

Y・Tくん

上の子の年少受験でもお世話になった前ゼミに、今回も2月から入塾しました。 人懐っこい性格の息子はお友達や先生と会える塾を毎回楽しみにしていました。ただ、授業には気乗りせず、先生とのお話を拒否、椅子にも座っていられず教室から脱走・・・と全く手応えの無い日々をおくりました。運動の時間だけは好きだったので、なんとか通い続けていたのですが、9月の時点でも授業に身が入らなかったため、お受験に対して嫌なイメージが息子についてしまうのではないか、と懸念し退塾の意向を先生にお伝えしました。しかし、冨田先生、田下先生から激励のお言葉をいただき、「あと1ヶ月もすれば変わってきますよ!」の言葉を信じ通い続けたところ、本当に息子の反応が徐々に良くなっていきました。毎回脱走していた息子が椅子に座って授業に取り組めるようになり、「お勉強頑張れない・・・。」と言っていたのが「僕、今日頑張る!」とやる気が出てきました。9月までは正直とても受験できるような状態ではありませんでしたが根気強く支えてくださった先生方のおかげで、試験当日は息子なりのベストを尽くすことができました。そして合格の報告を先生方に届けられたことを大変うれしく思います。あのとき退塾せず、最後まで通い続けてよかったです。 前ゼミの先生方、本当に本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年少)合格

2020年度

Y・Sくん

今回受験を終えてここまでのことを考えてみると「椅子に座っていられる」ということが大切なのだと感じました。母親から離れて一人で座っていられると試験のみならず日常生活でも良いと思います。 今回前ゼミさんに通ったことで試験(先生との一対一の)は自信をもって受けることができました。 子どもも前ゼミでたくさんやっていたものだったのですらすらと答えていました。下の子も受験を考えているのでぜひまたお願いしたいと思います。

群大附属幼稚園(年少)合格

2020年度

R・Sちゃん

最年少にコース2月から入塾しました。初めは椅子に座っていることも難しく、授業内容も理解していないように感じていました。イヤイヤ期も重なり大泣きし授業に参加できない日や席に着いても気分によっては先生と目を合わさず挨拶すら出来ない日もありました。このまま続けていても身にならないのではないか、本当に受験に間に合うのか悩んだ時期もありましたが、気がすすまないときでも熱心に娘と向き合ってくださった先生方のおかげで夏を過ぎた頃から「前ゼミに行きたい」と楽しく授業に取り組める時間が増えていきました。また模擬テストや直前講習で試験の雰囲気に慣れることは大切なことと実感しました。試験当日も「今日もお勉強するの?」と大変リラックスした様子で物怖じすることもなく臨むことができました。 冨田先生をはじめ田下先生、佐々木先生、ご指導下さいました先生方、本当にありがとうございました。

群大附属幼稚園(年中)合格

2020年度

R・Yくん

附属幼稚園を受験しようと決めてから、受験内容や服装など情報が少なくとても不安でした。それ以前に、人見知りがあり、大きな声で話す、返事をするのが苦手な息子にどのように教えたら改善するのか悩みました。 前橋ゼミで普段の姿をみていなかったのですが、3〜4ヶ月で先生の質問にハキハキと答えられるようになり本人も自信がついたと言うようになりました。 模試ではいろいろなことを想定して挑みましたが、面接と運動、動作と問題点だらけでとても不安な日々を過ごしました。 「大きい声で返事と元気だけは忘れずに行こう」と本番をむかえました。 前の番号の子が欠席という想定外のことが起こりました。朝8:30から受付で機嫌が悪くならないかとハラハラしました。 ボール投げはできたけど、色塗りは時間がなかったなど全体的には半分程度しかできなかったそうです。 前橋ゼミではあいさつや返事など息子に足りない事を指導してくださりそれが合格の一番の要因だと考えます。 ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

M・Kくん

「附属小を受けるなら塾は前ゼミ」ととても良い評判を聞いていたので、迷わず入塾しました。毎月お勉強内容が新しくなると、「こんな問題したんだよ!」などととても楽しそうに話してくれていました。時には塾へ行くことが嫌になることもありましたが、行ってしまえばしっかり勉強してきてくれました。それは周りのお友達からの刺激や先生方のほどよく厳しいご指導のおかげだと思います。 模試では、いつも平均くらいで、なかなか伸びず、不安に思うこともありました。できない問題を家で復習し、回を重ねる度に丸の数が増えていくのがうれしいようで、花丸を取ると真っ先に見せてくれました。 できないことがあると本人も親もイライラしてしまったり、ついつい怒ってしまうこともありましたが、めげずに頑張る子どもの姿に感動し、成長を感じることが何度もありました。このお受験で得たものは「続けること」です。初めはできないことでもあきらめずに続ければ必ず出来るようになります。お受験のために毎日続けてきたお勉強もよい習慣になったので、これから小学生になっても続けられると思います。前ゼミで教えていただいたこと、親子で一緒に頑張ったことはこれからの人生の糧となるでしょう。本当に良い経験ができました。ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

S・Aくん

緊張しやすく、積極性に少し欠けるため、春から入塾しました。初めは前ゼミの雰囲気に不慣れということもあり、不安そうな表情で通っていましたが、いつしか表情もキリッとして受験をするという自覚を持ち授業に臨めるようになりました。姿勢を正してしっかり待つこと、先生の指示をきっちりと聞いて理解し行動すること等、ペーパーテストや体操以外にも受験において大事なことを根気強く教えていただきました。 幼児にとっては楽しいだけの授業ではなかったと思いますが、帰ってくるたびに自分からプリントを見せてくれて、「今日も前ゼミ楽しかった!家でももっと勉強したい!」と言うようにまでなったのは、他ならぬ富田先生、田下先生をはじめとする前ゼミの諸先生方のおかげです。また、不安な気持ちを真剣に聞いてくださり、我が子の頑張っている姿を評価して励ましてくださった田下先生には、感謝しております。先生を信じて、受験当日まで親子二人三脚でやり抜くことができました。 当日の朝、「絶対に受かる!」と自信を持った強い眼差しで学校の門をくぐった息子の姿を見て、前ゼミに通って良かったと心から思いました。 無事合格して受験生活は幕を閉じましたが、前ゼミで教わった一つ一つのことを胸に、楽しい小学校生活を送ってほしいと願っております。 本当に親身になってご指導いただき、ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

S・Yくん

人見知り、場所見知りが激しい息子は入塾してしばらくは泣きながら授業を受け、勉強というより雰囲気に慣れることだけで精一杯でした。 2学期に入りやっと冷静になれるようになり、厳しくも温かい田下先生の授業のおかげで何とか授業についていけるようになりました。 問題の解き方、ハサミやのりの正しい使い方など沢山の事を教えていただき、毎回新しいことを学べるのが楽しかったようです。 夏からの短い間でしたが田下先生の授業を通して学ぶ楽しさを知り、大きく成長できたことが何より良かったと思います。 本当にお世話になりました。ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

M・Tちゃん

5月から試験まで大変お世話になりました。他の塾生の方よりも入塾が遅めでしてので、スタート時は不安もありましたが、非常にきめ細かなご指導をいただき、娘も安心して通塾することが出来ました。受験が近づくにつれ、親子共々精神的に不安になる部分もありましたが、その都度娘の塾での様子、もっとこうしたら良い点等を非常に親身になって相談に乗ってくださり、とてもありがたかったです。我が家は妹も幼稚園受験でしたので、模擬テストや直前講習等で大変お世話になったのですが、他の塾生と変わりなく熱心にご指導いただけたおかげで、2人とも無事合格することができました。また、ここからがスタートだと思って、がんばっていきたいと思います。本当にありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

R・Kちゃん

合格発表のとき、娘の番号を見た瞬間から今現在まで、ただただ嬉しい気持ちでいっぱいです。娘は、年中の秋頃から前ゼミを始めました。受験のきっかけは、通学区域の小学校が自宅から離れていた為、通学に心配が有った事でした。 最初は親子共々受験を意識しすぎず、マイペースに通っているだけでしたが、年長になり娘から「附属小にいきたい!」と言葉を聞いた時、「最後まで諦めずに一緒に頑張ろう!」と約束を交わし、受験への道が始まりました。娘は前ゼミが大好きで毎週「楽しい!」「楽しい!」と通い、大きな花丸を頂いたときは、「見て〜!」と嬉しそうに見せてました。 学校見学や、願書受付など受験が近づくにつれ、私が焦り過ぎてしまい、娘に厳しく言い過ぎてしまった事もありました。娘の涙を見ても「受かったから泣きなさい」「泣くならやりなさい」としか言えず、今思い返すと、"よく頑張ったな〜!”と娘を尊敬します。 娘は模擬テストでは決して出来ていた方とは言えず、平均点より1点2点上くらいでした。「合格ライン80点」を見ると「娘には無理かもしれない」と思うことも多々有り、態度の点で「あくびをしていた」という前ゼミの先生からのコメントには何も言えませんでした。娘にとって受験がどんなものなのかよくわかっていないのだと気付き、それからは態度面ではしつこいくらいに娘には伝えてきました。聞き取りの問題も有ると知ってからは「何でも話は1回で聞きなさい」と家では1回で聞かなかった時には「もういい」と突き放すことがあったくらいです。きっと娘にとっては、鬼の様な母だったと思います。私に怒られて泣く娘。怒り過ぎたと娘が寝てから泣く私。親子で涙を流して頑張った日々は辛かったですが、今では良い思い出となりました。 前ゼミの先生方には本当に支えてもらいました。娘に附属小合格という大きな成功体験を与えられたのは前ゼミの先生方のおかげです。合格を伝えたとき、本当にうれしそうに喜ぶ娘の姿が今でも忘れられません。娘は「附属小へ行ってもお試験頑張る!」と意気込んでいます。本当にありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

M・Fちゃん

この度群大附属小に無事に合格することができました。母の私も附属の出身ですが、正直「合格までこんなに大変だったんだ!」と当時も思い出しながら今はそんな気持ちでいっぱいです。前橋ゼミには、年中の2月の新学期スタートからお世話になりました。通い始め当初は、数のカウントも遅いし間違えてばかりで心配でしたが、やればやるほど知識を吸収し、スピードも最終的にはかなり早くなりました。後半からは模擬テストが始まり、当初は問題文を先生が読んで得スタイルに慣れず、指示内容がわからないようでしたが、この点に関してもテストの数をこなしていく内に解消することができました。また前ゼミの冨田先生や田下先生には、しつけから問題の解き方やっテクニックまで、丁寧に且つ厳しく教えていただき、また親の私の質問等にもいつでも対応していただき、大変感謝しております。学ぶことの面白さを知ったのでしょうか、授業も楽しかったようで、一度も嫌がらずに通うことが出来ました。 小学校受験対策は、親のすべきこともたくさんあると思います。 ①まずは体調管理です。 ②「楽しんで勉強を!」と常に娘には話しておりました。勉強は無理してするものではなく、「こうやって解くんだ!」と新たな発見があると、学ぶ事が面白くなります。 ③お子さん本人が「附属小に行きたい!」という気持ちがある事が大切です。これがないと試験当日会場で、自分は何をしにここにいるのか、わからないまま受験をしてしまう事に繋がります。(これは母の体験談です) ④お子さんとともに勉強することが大切です。 今回幼児期に必要とされる能力や知識等を学ぶことができ、大変貴重な体験をさせていただきました。授業中は、廊下にあるモニターで子どもの様子をチェックすることができるので、態度や問題を解くスピードや理解度をチェックしておりました。また、授業の終わりに先生が大切なお話をしてくださるので、必ずメモをとるようにしました。(時が立つと意外と忘れてしまうので) 最後になりますが、とにかく頑張れば必ず結果はついてくるのかもしれません。また導いてくれた先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

S・Oちゃん

前ゼミに通い始めたのが遅かったため心配しておりましたが、先生のご指導のもとすぐに教室になじむことができてとても楽しく取り組むことができました。勉強に対する姿勢を身につけられたのが一番良かったと感じています。できることはほめて頂き、できないことについては温かく励ましで頂いたこと、感謝しております。テストの度に点数が伸び、試験当日は大変落ち着いた気持ちで臨むことが出来ました。結果について家族中で大変喜んでおります。丁寧なご指導、ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

R・Kちゃん

前橋に転居したのが7月で同時に入塾させて頂きました。半年間という短い期間でしたが、親子ともども密度の濃い時間を過ごさせて頂きました。最初の模試の結果は親が動揺してしまうくらいの内容でしたが、アドバイスを参考に毎日少しずつコツコツと継続することで回を追うごとに成績も上がっていきました。最後の2ヶ月は週2に変更して定期的に塾に通うことで受検への意識も変化していったように思います。親の不安がつのる中、田下先生には励ましの言葉をかけて頂き、褒められた内容を子どもにも伝え、学習への活力へと繋がりました。経験のある先生からのお言葉は大変心強かったです。前ゼミを通して小学校受検に臨むことは、これから始まる長い学校生活でのいい勉強習慣が身につきました、お世話になりました先生方、本当にありがとうございました。また近いうちに通わせて頂くことになるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願いします。

群大附属小学校 合格

2020年度

H・Hくん

無事に合格できてとても嬉しいです。約10ヶ月間、前ゼミに通いとても良い経験ができました。 約7〜8問くらいを解答していたと思います。(隣に座って見ている限りは全て正解でした。) 遊ぶ時間では、ボールプール → すべり台1回 → おままごと → で楽しく元気に遊びました。 抽選では自分がガラガラを回すのではなく、先生が回して出た受験番号の人が合格という形式でした。(子どもの受験日より時間がかかりました。) 幼稚園へ通うことになりますが前ゼミで出来たお友達やお母様方がいらっしゃるので私も少し安心しています。

群大附属小学校 合格

2020年度

Y・Tくん

年中の12月から入塾して試験までお世話になりました。入塾時はお昼寝の癖が抜けていなかったため睡魔との戦いでした。 授業では「問題の正しい解き方」と面接で大切な「大きな声で質問にはっきり答える」という事を学びました。何よりも私語をせずに姿勢良く待っている事の大切さを感じました。 授業で教わった事を家庭で繰り返し行いました。試験直前まで不安でしたが無事合格した今喜びを噛み締めています。前ゼミに入塾しなければ、合格を勝ち取ることは出来なかったと思います。ありがとうございました。

群大附属小学校 合格

2020年度

K・Kちゃん

先生たちのおかげで合格できました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。入塾してから、いろいろな不安を持って、模擬試験も点数が上がったり下がったりで、この様子だと本番の試験でどうなるかとても心配でした。ですが先生たちの優しさと暖かさを感じて、親子で最後まで頑張って続けることができました。 模擬試験のとき先生たちの厳しいさと何度も繰り返す試験練習が本当に大事だと思いました。前橋ゼミに通わせて本当に良かったと思いました。前橋ゼミでは子どもの成長だけじゃなく、親の成長にも大きな力になりました。 冨田先生、佐々木先生を始め前橋ゼミの先生方にはとても感謝しております。長い間大変お世話になりました。ありがとうございました。

株式会社H.Y.T

〒371-0054 群馬県前橋市下細井町582-2

TEL:027-234-6525

Copyright (c) 2016 - 2020 株式会社H.Y.T. All Rights Reserved.